2016.7.8 EF65-541作成


東京機関区を作成するのと同時進行で進めたいと思っているのが東京機関区釜の増備と購入車両の加工です。HOレイアウトの製作はもちろんですが、個人で進められる製作は合間を縫ってコツコツと進めていきます。
今回加工した車両はKATO製のEF65-500番台を東京機関区所属時代に合わせて、RM MODELS 154号2008-6 「特集、惜別列車たち」とRail Magazine233号2003-2「Pの時代」の資料を基に、屋根上配管パイピング、手摺りの再現、デフロスター、シールドビーム、メタルインレタなどを別パーツで取り付けてよりリアルに仕上げ、東京機関区所属時代の65-500を再現しました。(ホイッスルはまだつけてないだけで決して忘れてるわけではありませぬ(^_^;)

やはりバラストを撒き終えた線路の上を走ると車両も冴えます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそカウンター
プロフィール

117FUKUCHIYAMA

Author:117FUKUCHIYAMA
ご閲覧頂きありがとうございます!
このブログではKCR(北瓦木センター走行會)会長であり、当ブログの主である117が現在作っているジオラマ[東京機関区]の製作進行状況及び、日々のN、HOのジオラマ製作、KCR主催のN、HO(16番)走行会を載せて行きたいと思います。
不定期更新ですが、一度にドドッと更新しますのでよろしくお願い致します。

当ブログはリンクフリーですが、リンクされるときにはコメントの方にご一報いただけるとありがたいです。

twitter始めました。@toshiEF64_1010
ブログ更新の際はTwitterにてリンクや画像も合わせてツイートしますのでフォローよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム